にしむらデンタルオフィス

インプラント治療の流れ

①検査と治療計画

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、厚さ、高さ、位置により治療法には様々な選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め、総合的に検討したうえで治療計画が立てられます。
インプラントイメージ

②1次手術

②1次手術
歯ぐきを切開し、インプラントを埋め込みます。

③治療期間

③治療期間
一次手術後、下顎で3ヶ月・上顎で6ヶ月ほどの治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力でくっつきます。
(オッセオインテグレーション)。この期間、仮の歯を使用できることもあります。最近では、インプラントを入れて、その日に仮歯を入れることも可能です。

④2次手術

④2次手術
1週間後には、固定性の仮歯を入れ、2~6週間ほど歯ぐきの治癒を待ちます。

⑤人口の歯を制作・装着

⑤人口の歯を制作・装着
歯茎が治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者さんに合わせて製作しインプラントに取り付けます。
※スクリューで固定します。この他人口の歯をセメントにより固定する方法もあります。